アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
キルト

postheadericonハンドソーイングの糸

ハンドソーイングが、この数年静かなブームになっています。
手編みレースのティペット等アンティークともいわれるファッションアイテムが、認知されるようになったり、節約とこだわりを一度に満足させる、ファブリックのハンドソーイングが、珍しくなくなったり、大型手芸専門店の展開と共に、布を使用した手作りが身近になっています。
パッチワーク糸、キルト糸、刺繍糸と、それらに使用する針は、そうした大型手芸専門店で、糸の番手、素材、色等幅広く取り扱われています。
パッチワーク糸やキルト糸、刺繍糸に詳しいと、以前であれば特別な趣味人、のように思われていましたが、子供の手提げや袋物に、子供のものとわかるようにアレンジをしたり、と、大げさに構えずパッチワークやキルト、刺繍を始める方が増えていることで、ハンドソーイングのすそ野が広がっています。
パッチワーク糸、キルト糸、刺繍糸は、一緒に使用する布地の素材と、丈夫さや伸縮性が重要視されるか否か判断し、素材や番手を決めます。
多くの場合、パッチワーク糸、キルト糸。

刺繍は、綿とポリエステルの混紡です。
比率が異なるのは、強度を求めたり、艶感と発色を重視したりと、使用者の考えに影響されます。
ハンドソーイングのテキストを読むと、使用されるシチュエーションや、仕上がりの雰囲気、洗濯後の伸縮などを考慮し、糸選びの提案がされている場合もあります。
薄くて柔らかい布地には細番手、という原則以外は、糸選びについて、かなりこだわってみた方が良いといえます。

刺繍のテクニック

刺繍は誰であっても気軽に自分のイメージを作品として表現したり、形として残しておくことができるものですから、大変に人気も高く趣味として日頃から楽しまれている方も大勢いらっしゃいます。
特に女性の方が好まれる趣味という印象が強いですが、手先の器用な男性にも多くの愛好家がおり、大変賑わっているものであります。

そんな刺繍のテクニックの中の一つが、パッチワーク糸やキルト糸などを目的に応じてしっかりと使い分けていくことになります。
すでに熟練されている方からすれば基本的な部分になってくることでしょうが、その基本的なことを愚直に実践していくことの積み重ねによって上達していくことになります。

パッチワーク糸やキルト糸を各々の特性に合った形で利用していくと、出来上がる作品の完成度も当然ながら違ってきますし、何よりも時々のパターンに応じて自由自在に最適な選択をするという、非常にいい意味での「クセ」の習得にも繋がってくるのです。
たかがパッチワーク糸とキルト糸の使い分けとしてだけとらえるのではなく、刺繍を楽しんでいくあらゆる場面にこの「最適なものを使い分ける」という意識を応用していきたいものであります。
これまであまりパッチワーク糸とキルト糸の違いについて理解されていなかった方、まったく使い分けていなかった方であれば、刺繍をより楽しんでいくために積極的にパッチワーク糸とキルト糸を使い分けていってみてはいかがでしょうか。

いろんな模様

postheadericonパッチワーク糸の概要

色々な柄の布を組み合せて縫い合わせていくのがパッチワークですが、その縫い合わせに使うのがパッチワーク糸です。
一見、パッチワークと刺繍は関係無いように思われますが、パッチワークに刺繍を施してより素敵に仕上げます。
そして、出来上がったパッチワークにキルト芯を合わせ布に針を通してキルティングするのに使われるのがキルト糸です。
パッチワークは、ミシン糸でも出来るのですが糸が少し細すぎて、それより太くしっかりしたパッチワーク糸が、日本に入って来た訳です。

又、パッチワーク、キルティング両方に使えるのがキルト糸で、色の種類も多く滑りも良いし、とても縫いやすい糸になっています。
糸の滑りが良い様にワックスが施されているキルト糸も有りますが、キルティング専用になりますと色番が少ないという欠点が有り、その場合色が沢山あるパッチワーク糸を使用してキルティングをします。
本当に丈夫なキルトを作りたいと思うならば、色の問題を度外視しキルティング専用のキルト糸を使った方が良いですし、見た目の美しさを重視するならばパッチワーク糸を選ぶのも良いでしょう。
、パッチワークでも土台布にアップリケをし刺繍を施す事が多く有ります。

刺繍糸を使いますが、色の種類も多く、使いやすいメーカーも多々有ります。
刺繍は、世界各国に有り、素材や技法も様々ですがパッチワークの雰囲気にあった物を選んだり、又は刺繍を主においた物も素敵です。